カテゴリー: 未分類

生命保険を選ぶときのポイント

保険会社によって生命保険の保障内容は変わってくるケースがあります。その為、保険なら何だっていいと言って適当に選んでしまうと損をする可能性もあります。後々後悔をしないためにも選び方は重要になるので、今回は生命保険をどう選ぶべきかということについて紹介します。

まず、月々の保険料は重要になります。保険会社は日本だけでもたくさん存在していますので、選ぶ際に悩みますが、実際に保険料はそれぞれの保険会社ごとに異なります。特に月々の保険料は気にしていないという人は問題ありませんが、できる限り負担なく加入したいと思っている場合には比較をしながら自分にとって負担のない保険に加入するようにしましょう。また、プランによって料金が変わる場合もあるのでプランについてもあらかじめ調べておくと良いでしょう。

また、状況によって入っておくべき保険を見極めましょう。例えば独身で子供もいないのに教育費の保障がある生命保険に加入しても損をするだけになります。それぞれ人によって状況が異なるので、状況によって入る保険を決めるようにしましょう。

このように、選び方は重要になるので、できる限りそれぞれの保険会社と比較をしながら自分に合う生命保険を選ぶようにしましょう。
しかし、膨大な数の保険会社から自分に最も適した保険を選ぶのはなかなか困難です。現在は、数ある保険会社の中から自分に合った生命保険を探してもらえる無料相談窓口もありますので、困ったら一度相談してみると良いでしょう。

参考…生命保険の無料相談/見直し【保険ゲート】

生命保険の定期型や終身型の特徴

これから生命保険に加入しようと思っている場合は生命保険といっても色々な種類があるので悩む人も多いかと思いますが、その中でも加入率が高いのが定期型と終身型の生命保険が存在しています。これから加入について検討している方のために今回は二つの特徴についてを紹介します。

まず、定期型についての説明をしますが、定期型は約10年程といった一定期間の契約となる保険です。10年の期間が経った場合には必ずしも解約をしなければならないということはなく、更新か解約かの選択肢が存在しています。若いうちから加入について考えている場合は保険料が安くなるので定期型への加入を考えると良いでしょう。

続いて終身型の保険ですが、これは保障が一生涯続くという特徴があり、定期型のように一定期間の間の契約になることはありません。若いうちから終身型に加入をしてしまうと損をする可能性が高いので、中高年の人たちが主に加入する保険になっています。

このように、今回は定期型と終身型についての説明をしましたが、その他にも養老保険や収入保険型などが大きく分けると存在しています。これから加入について考えている人は保険内容は重要なのであらかじめ調べておくようにしましょう。

生命保険の必要性

世の中にはなぜ、生命保険に加入しなければならないのかと思っている人や、加入する必要性はあるのかと思っている人たちもたくさんいると思いますが、生命保険に加入することで得られるメリットはたくさん存在しています。まずは生命保険に加入していない人のために必要性についてを紹介します。

まず、そもそも預金と生命保険を一緒に思っている人がいますが、実際には一緒ではありません。生命保険は死亡などの保険事故が起こった場合に契約日から保険金が支払われる仕組みになっていますが、預金の場合はお金が貯まるまでに時間がかかってしまいます。いつ起こるか分からないリスクのために備えておくのが生命保険になります。

次に加入する目的とは何かということを説明しますが、生命保険と聞くと死亡時に受け取れる保険金と思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、実際にはそれだけではなく、「遺族の生活費」や「葬式の費用」、「相続税」、「ローンの返済」などが残っている場合の返済の目的で加入することができます。死亡時のみならず、生命保険で色々な保障を受けることができます。

このように、必要性について紹介をしましたが、実際にどのタイミングで加入をすれば良いのかと思っている人も多いのではないでしょうか?加入のタイミングとしては新社会人、結婚、マイホーム購入、出産などのタイミングで加入する人たちが多いと言われています。このように、生命保険はとても大切な保険ですが、このサイトではもっと生命保険について知りたいと思っている人のためにもっと詳しく解説します。